Management

第6番目の力 – 競合他社も含めた戦略の必要性

米投資ファンドのスティール・パートナーズが世間を賑わせている。
即席めん業界第4位の明星食品株やビール業界第3位のサッポロホールディングス株の大量保有をすすめ、TOBをかける。それにより株価が過熱したところで売り逃げる。
さらに奥の手も持っていて、株価が上がらなくても利益が出せることを事前に確認している。
そして、それぞれの業界トップの日清食品やアサヒビールは、ライバルであるはずの会社を救おうと努力している。

さて、5 Forcesをご存知だろうか。ハーバード大学のM.E.ポーター教授によって唱えられた経営戦略フレームワークの1つ。
このフレームワークって漏れなく企業を取り巻く環境を考慮した戦略を立てられる。
5 Forces、5つの力には
(1) 新規参入業者
(2) 競争業者
(3) 代替品
(4) 顧客(買手)の交渉力
(5) 供給業者(売手)の交渉力
がある。

例えば、サッポロホールディングスにとって、スティール・パートナーズはこのどれに当てはまるだろうか。
ポーターの5 Forcesでは登場しない。どれにも当てはまらない。第6の力である。
これは運命共同体であるはずの株主あるいはグリーンメーラーだ。
株を公開している会社はこの第6の力を無視できない。対策として柔軟に大量の新株を発行できるように定款を書き換えるなどがんばっている会社は多い。

さらに視点を変えて、アサヒビールにとってのスティール・パートナーズは何だろうか。
競争業者の株主。自社とは直接関係はない。競争業者で起こっている出来事である。
しかし、スティール・パートナーズが大株主になるのを防ぐため、アサヒビールはサッポロとの資本提携を検討している。
業界2位のキリンビールに大きく水をあけることができる。

これからは自社に起こることだけではなく、他社の財務状況や資産状況などを把握し、他社で起こることにも備える必要があるということだ。

思考停止状態

久しぶりに記事を書きます。
近頃私は思考停止状態に近いです。

家庭、仕事、MBA。この3つを成り立たせるべく約3ヶ月間がんばってきました。ここにきて困難に直面しています。
仕事で組織が変更になり、大きく環境が変わりました。コミュニケーションに70%以上を費やしています。コミュニケーションは英語が多いため、私は他のことを考える余裕はほとんどありません。
ですので、自分の目標について限られた時間で頭をフル回転させて思考しています。全速力で走っているため、仕事が終わってから学校に行きますが考える力がほとんどのこされていないという状況ですね。

7月中旬までにレポートが4つ、夏休み中の研究計画の提出がありますので、なんとかしなければ。。。

企業価値

PBR (株価純資産倍率)は何を示しているのだろうか。

東京証券取引所のページから引用すると、「price book-value ratioの略称。投資判断指標の1つ。株価を1株当たり株主資本(純資産)で除したもので、株価が1株当たり株主資本の何倍まで買われているのかを示すものです。」とある。

PBRが1以上の会社の場合、「株価×発行済み全株数」は、「総資産-負債総額」よりも多いことを意味する。その多い分は何を意味するのか。会社の将来の可能性ではあるが、ではその可能性とは何かというと働いている人々の可能性であるといえる。
人々の可能性を引き出すものは何か。偶然だろうか、いわゆる外部環境の変化だろうか。

ドラッカーは『チェンジ・リーダーの条件』で、『マネジメントとは、人間に関わることである。その機能は、人が共同して成果をあげることを可能とし、人の強みを発揮させ、弱みを無意味なものにすることである。これこそ組織の目的である。』といっている。

その会社で働く人達がマネジメント機能により、お互いに協力し、知恵を出し合い、事業に転換していく能力ということだ。

PBRはミドルマネージャを含むマネジメントの価値を表しているといえる。どんなに素晴らしい人々がその会社で働いていようとも、それを組織するマネジメントが不在であれば、価値を生み出すことはできないだろう。
私は改めて自らのミドルマネージャとして重責を認識する次第です。

今井・金子 『ネットワーク組織論』 岩波書店

今井賢一・金子郁容 『ネットワーク組織論』 岩波書店
約20年前に書かれた本だが、今でも十分通用する非常にいい内容だと薦められたので買って読んでみた。

プレゼンは戦略をもって 」で紹介した、ジョー・ティッド/ジョン・ベサント/キース・パビット (後藤晃/鈴木潤 訳) 『イノベーションの経営学』 NTT出版とも通じる内容で興味深かった。

10007118319_s

networkorg ネットワークというコンテンツの上にコンテクストを見出せるというもの。
組織は必要に応じて伸縮性のあるネットワークでもってコンテクストをつくりだす。誰もが予期しなかったネットワークにより、市場の均衡を破壊し、生産活動が行われ、古いシステムが駆逐される。
組織は取引コストを節約するために情報を内包したり、情報を持つ別の組織とネットワークを結ぼうとするが、市場にある情報は動的に変化してしまう。しかし、そのネットワークの上にメッセージが乗ることで、シナジー効果が発生する。
これは、『イノベーションの経営学』 に出てくる「外部とのリンケージ」と同じだと思った。

また、ネットワークの中心に発生したパワーがリーダーの源泉。パワーが適切に使用され、メンバーが承認したときに、それまでの水平的な関係が垂直的な関係に転化したことを意味するというところも、「あーなるほど」と思った。