Management

リスクマネジメント-自分の身は身分で守る

リスクマネジメントとは「備え」であり、備えとは、最悪の事態を想定した対応であることを書いた。
今日は、前半は地震について、後半はビジネスを前提にして考えてみたい。

今回の東日本大震災では誰もが、さまざまな困難に直面している。
この困難はまだ序の口であるのは明確だ。
リスクマネジメントの立場から考えると、「怪我や人命に関わること」が最悪の事態で、継続的に活動する必要がある。

まずはその可能性を可能な限り除去することが第一であろう。
地震や津波そのものによるものの他に、原発から大量の核が漏れる、鉄道のホームで人が殺到する、水や食料が不足する、といったことも考えておく必要がある。

原発の状況について、今は必要な情報は開示されていると思っているが、3月15日時点では過小評価に基づいた情報開示であると考えていたため、私は倍以上を前提にしていた。
例えば、退避地域が半径10キロと公表されたら、20キロ以上が妥当であろうというように。

食料も何もなくなることを想定して、缶詰を家族用3日分用意した。これを1週間食いつなげられれば、その間に何とかできるだろうと。
リスクマネジメントは、ビジネスについても同じである。
個人の身の安全の延長線上に位置する。
身の安全を顧みずに事業の安全はあり得ない。

繰り返しになるが、リスクマネジメントとは、最悪の事態が起こった時でも自分の身は自分で守れるようにしておくことがポイントであろう。ここでいう自分とは、会社単位、組織単位、職能単位、個人というレベルがある。

ただ、現実はさまざまなコストとの勝負になるから、万全は難しい。
すべてを守ることはできない。何を守り、何を諦めるのか明確にしておく必要がある。
損害を自分で被る心構えもしておかないとならないということである。
それが嫌なら保険を掛けるなどして、あらかじめお金でヘッジしておくしかないだろう。
お金が出せないなら、最悪のケースは諦めるのが最良。責任の所在を議論していたら、復興は進まないので。

また、損害を被った時にどうやってリカバリーするか、その方法を確認しておくだけでもいい。
自分でできるようにしておくことが一番だが、専門性が要求されるものはそうもいかないかもしれない。
だが、最悪の事態になり、復旧させるときにお金を払って専門家にやってもらえるなら、かなり良い。

情報システムでよくあるケースだが、中身がブラックボックスに近い場合、最初から作った方が早いという場合もなくなはい。
顧客情報などのデータだけは作れないので、バックアップは必須である。csvで出力しておくだけでもいいが、その媒体は60キロ以上離れた場所に保管しておくことが望ましいという話しを聞いたことがある。
データセンターでそれは標準のサービスになっていることが多い。
リスクマネジメントは一過性のものではなく、日々の積み重ねである。
最悪の事態が起こった時に、自社で守れるようにしていないものは、最悪諦める対象であるというのが経営トップからのメッセージとなる。

事業の継続に不可欠なものが見落とされていないか、外部の人間を交えて、議論しておくのもいい方法だろう。

「備え」-最悪の事態を想定すること

青森県から静岡県に引っ越し、転校したのは小学6年生の9月1日であった。
真っ先に戸惑ったことは、地震への備えの違いである。
教室に入ると、皆、椅子にサブトンを敷いて座っていた。
すぐ後に気づくことになったのだが、それはザブトンではなく防災ずきんであった。
新学期初日でもある9月1日は防災の日、避難訓練が始まったら、皆、防災ずきんをかぶって校庭に集まった。
何もかぶっていないのは私だけであった。

防災ずきんを常備している学校は静岡県外にどれほどあるだろうか。
私が引っ越した先の長泉町というところは高い建物はほとんどない。学校は山の上にあり、自宅までの間も道幅は広く、上から落ちてくるものはほとんどない。
それに比べたら首都圏は、何も落ちてこない方が不思議なくらい頭上にはたくさんのモノがある。
青森での避難訓練は、校庭に生徒が集まって校長先生がお話しして「ハイ、終わり。教室に戻りましょう」だった。
しかし静岡では違った。地域別にグループになり、そのまま生徒だけで集団で帰宅するまでが防災訓練なのである。
それを知らされていなかった私は慌てて教室にカバンを取りに行ったことを覚えている。

この地域別のグループはさらに10人程度の小グループに分けられている。
このグループは防災訓練のときだけでなく、毎朝一緒に学校に通うグループでもある。
だからイザという時にだれがいて、だれがいないのかがわかるようになっているのである。
緊急時、生徒らは数では圧倒的に少ない先生方をあてにはしていられない。
自分のたちで確認して適切な行動をとらなければならない。
「自分の身は自分で守る」ことが大原則なのである。
今回の地震を経験して改めて考えた。
備えは何もしていなかった。
今からでも遅くはない。備えておこう、と思った。
これはまさにリスクマネジメントである。

リスクマネジメントとは、最悪の事態が起こった時でも自分の身は自分で守れるようにしておくことがポイントであろう。

将来有望 ネット関連企業の未公開株 買うなら今

米ゴールドマン・サックスがFacebook(フェイスブック)に4億5千万ドルを出資するという。
ゴールドマンは投資会社だから当然、出資額より多いリターンを得られる見込みを持っているわけだ。
取得した株を売ってもうけるのである。

そう、数億ドルものお金はゴールドマンから出てくるわけではない。
Facebookの株はまだ公開されていない。
ゴールドマンはSpecial Purpose Vehicle(SPV、特別目的事業体)を設立し、別の投資家からお金を集める。
集めたお金でFacebookの株を取得する。取得した株は投資家に渡す。

ゴールドマンはSPVを使って株の売買を独占的にできるようになる。
SPVの投資家は複数存在するが、Facebookからみれば投資家はSPV、ただ1人である。
米国では、Facebookのような将来有望なネット関連企業を中心にこのような未公開株の取引が活発らしい。
企業側は、このような形で株式を公開しなくても十分な資金が得られるのであれば、友好的な関係を持つ証券会社と手を組み、長期的な視点で安定した経営が効率よくできるメリットもあるだろう。
それは最終的には顧客の利になるのだから、悪いことではない。

最後に1つ、付け加えておく。
「将来有望 ネット関連企業の未公開株 買うなら今」という詐欺があるので、その会社に詳しくない投資家は手を出さないように。

(参考:日本経済新聞 2010年1月7日付朝刊)

ビジョナリー・カンパニー

ジェームズ・コリンズ、ジェリー・I・ポラス 『ビジョナリーカンバニー』より。

ビジョナリー・カンパニーとは、ビジョンを持っている企業、未来志向の企業、先見的な企業であり、業界で卓越した企業、同業他社の間で広く尊敬を集め、大きなインパクトをよろしくお願いします。世界に与え続けてきた企業のことです。

さて、次の12項目の内、ビジョナリー・カンパニーに当てはまるものはどれでしょうか。
1. すばらしい会社をはじめるには、すばらしいアイデアが必要である。
2. ビジョナリー・カンパニーには、ビジョンを持った偉大なカリスマ的指導者が必要である。
3. とくに成功している企業は、利益の追求を最大の目的としている。
4. ビジョナリー・カンパニーには、共通した「正しい」基本的価値観がある。
5. 変わらない点は、変わり続けることだけである。
6. 優良企業は、危険を冒さない。
7. ビジョナリー・カンパニーは、だれにとってもすばらしい職場である。
8. 大きく成功している企業は、綿密で複雑な戦略を立てて、最善の動きをとる。
9. 根本的な変化を促すには、社外からCEOを迎えるべきだ。
10.もっとも成功している企業は、競争に勝つことを第1に考えている。
11.2つの相反することは、同時に獲得することはできない。
12.ビジョナリー・カンパニーになるのは主に、経営者が先見的な発言をしているからだ。






本を読んだことのある方ならご存知のことでしょうが、すべて当てはまりません。

組織のあるところ、どこででもこれらについて考えてみるといいでしょう。
例えば、国だってそうです。
今の日本を良くするにはすばらしいアイデアも、偉大なカリスマ首相も、なければならないものではありません。