72の法則

お金が2倍になるのに何年かかるか簡単に計算できます。
72を年率で割って出た答えが、元本が2倍になる年数です。または72を年数で割って出た答えが、元本が2倍になる年率です。
例えば、
年率3%の場合、72÷3=24 なので、元本が2倍になるのは24年間かかる。
元本を10年で2倍にしたいなら、72÷10=7.2 なので、年率7.2%で運用すればよい。

もう少し応用すると、インフレが年率3%で進んだ場合、たんす預金しておくと、72÷3=24 で24年後には元本の価値が半額になるということがわかります。

この10年はデフレが進んでいますが、過去40~50年はだいたい年率3%でインフレになっているそうです。景気は上向き始めていると言われていますが、そうするとインフレが進みますから、インフレを上回る投資をしなければマイナスになっていきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です