About Us

経営の「経」はたて糸、ならば、よこ糸は?-リーダーシップの実行-

「経営」は「経を営む」と書くが、「経」とは仏教の教えであるお経とか、筋道とか、織物のたて糸といった意味である。
織物を織るときたて糸は動かない。だからたて糸を通した段階で織物の半分が決まることになる。しかし、言うまでもないが、織物はよこ糸が通らないと完成しない。
言い換えれば、会社の経営とはその活動における筋道をつけることであるが、それだけでは競争の激しい市場でゴーイングコンサーンは達成できない。縦横無尽に移動するよこ糸が必要なのである。ならば、このよこ糸は何であろうか。

藤沢武夫「経営に終わりはない」
私はよこ糸は「リーダーシップ」ではないかと思う。
今の時代、このリーダーシップが強く求められている、と思う。リーダー不在、いても名ばかりの組織は厳しい戦いを強いられることになるだろう。
ちなみに、マネージャー(管理者)とリーダーは違う。マネージャーはあくまで管理する者であり、計画と結果に責任を持つ。リーダーは先導者であり、実行部隊の隊長である。マネージャーが「明日の午前0時に、あの山の頂上に行け」と命じ、リーダーは部下を引き連れ山を登るが、どの道を通るか決め、予期しないできごとに対応する。リーダーにはたくさんの経験が必要だ。並大抵ではできないことである。部下はリーダーに命を預け、自分の仕事を全うする。そして組織は、予定通りに目的を達成するのである。
ブックルックチームはほぼ文鎮型の組織形態となっているが、それでもラインごとにチームが存在する。大きな会社でいえば、部や課である。
ブックルックチームではこのような名で呼んではいないが、開発1部、開発2部、サポート部、インフラ部、WEBマーケティング部、コンサルティング部といった形である。それぞれの組織には2~7名程度のメンバーがおり、それぞれにリーダーがいる。

このリーダーたちがまさにリーダーシップを発揮し、自分のチームや会社を飛び越え、関係する別の部署に協力を要請したり、助けたりしているときは驚くほど物事がスムーズに進む。それぞれのリーダーは、1つの組織、ブックルックチームの勝利のために活躍しているのである。
反対に、リーダーの動きが悪くなると、とたんに仕事の流れも悪くなる。この場合、リーダーがやりがちな失敗は正論や会社の方向性を盾に動こうとしないことである。「こうあるべきだ」「こうやるべきだ」「会社としてこうした方がよい」「これはあちらの仕事だ」「会社の方針が・・・」と。しかしこれは筋道の話であり、経営者の仕事である。よこ糸のリーダーがたてに動き始めているのである。結果、たて糸だけになり、よこ糸がないため、織物は完成しない
リーダーが自分のチーム、開発1部とか開発2部とかサポート部とか、のためだけに仕事をしようとすると、ブックルックチームは必ず敗北へ向かう。
リーダーから「この仕事、誰がやったらいいですかね?情報が何もありません」と聞かれたら「お前がやれ、お前がやるしかない」と私は言う。

そして、「ブックルックチームは実行することに価値を置いている。あいまいな状況でもゴールに向かって動ける能力が求められているんだ。しっかり結果を出せば評価してきたし、これからもそれは変わりない。」と。

札幌農学校の教育理念とブックルックチームの行動理念

北海道大学に勤める友人から札幌農学校のクッキーをもらいました。
赤ワインと一緒にいただくと一層おいしさが増し、ついついたくさん食べてしまいました。
そのクッキーの箱に入っていた紙に札幌農学校の教育理念が書かれており、改めてブックルックチームの行動理念について考えが及びました。

 

「Boys, be ambitious!」
アメリカから招聘されたクラーク博士が役目を終え、帰国するときに学生たちに送った言葉ですが、これは多くの人がご存知のことと思います。
さて、ではそのクラーク博士が招聘された北海道大学の前身、札幌農学校の教育理念はというと、「フロンティア精神」「国際性の涵養」「全人教育」「実学の重視」の4つです。
これがブックルックチームの行動理念、ESOTと通じるところがあります。教育もビジネスも人のため社会のためにどうしたらよいかといろいろ考えを進めていくと、行き着くところがこのあたりになります。

 

ESOTはExecute Speedily with Ownership and Thanks の頭文字をとったものです。
Execute Speedily は、良いと思ったことや価値の高いことはすぐに実行しよう、というものです。「実学の重視」の「実」と、「フロンティア精神」に通じます。良さそうなアイデアはいくらでも頭の中に浮かぶ、という人は少なくないでしょう。しかし、実行に移し、成し遂げる人、しかも迅速に始めるとなるとなかなか難しいものです。社会または自身の中に前例がない、あるいは事例が少なく、できるかどうかわからないからです。だからこそ未知の領域には魅力があります。楽しんで仕事だけでなく自分自身も開拓していくことを期待しています。

 

ESOTと英文にしたのは正に「国際性の涵養」の一環です。
英語の持つ意味を深く考え理解することは、グローバルに活躍するときに役立ちます。
共通言語と言いながらも、英語がネイティブだという人はほとんどいません。多くの人が第2言語で英語を使います。ネイティブではない者同士が英語でコミュニケーションを図るときに、自分が理解している単語の意味をしっかりと説明することが重要です。
また、ブックルックチームの特長を説明するときに翻訳しないでそのまま使えます。

 

Thanksは、「社会に感謝し、社会にお返ししていきましょう」ということを意図しています。社会というと広すぎるので、身近な所では両親、家族、先生、友人に置き換えても良いです。私たちは社会が積み重ねた歴史の延長線上に位置しており、社会の助けがあるからこそ生存できており、社会の求めがあるからこそ繁栄できるのです。すると、感謝する社会のために何ができるか、どうしたらよいかに考えが及びます。最高の仕事を成し遂げることがブックルックチームの使命です。

 
仕事の成果は、技術のみで達成されるものではありません。道徳や思想、芸術などの要素も含まれます。つまり「全人教育」がなされなければ最高の仕事は成しえないのです。
非常に簡単なので、若手のエンジニアほど技術の習得や経験に重きを置く傾向があります。しかし、技術は使われ方、使う人、使う状況などに応じて良くも悪くもなります。習得した技術をどう活かせるかは、感謝から始まる自己の内側の鍛錬にかかっているのです。