経営の「経」はたて糸、ならば、よこ糸は?-リーダーシップの実行-

「経営」は「経を営む」と書くが、「経」とは仏教の教えであるお経とか、筋道とか、織物のたて糸といった意味である。
織物を織るときたて糸は動かない。だからたて糸を通した段階で織物の半分が決まることになる。しかし、言うまでもないが、織物はよこ糸が通らないと完成しない。
言い換えれば、会社の経営とはその活動における筋道をつけることであるが、それだけでは競争の激しい市場でゴーイングコンサーンは達成できない。縦横無尽に移動するよこ糸が必要なのである。ならば、このよこ糸は何であろうか。

藤沢武夫「経営に終わりはない」
私はよこ糸は「リーダーシップ」ではないかと思う。
今の時代、このリーダーシップが強く求められている、と思う。リーダー不在、いても名ばかりの組織は厳しい戦いを強いられることになるだろう。
ちなみに、マネージャー(管理者)とリーダーは違う。マネージャーはあくまで管理する者であり、計画と結果に責任を持つ。リーダーは先導者であり、実行部隊の隊長である。マネージャーが「明日の午前0時に、あの山の頂上に行け」と命じ、リーダーは部下を引き連れ山を登るが、どの道を通るか決め、予期しないできごとに対応する。リーダーにはたくさんの経験が必要だ。並大抵ではできないことである。部下はリーダーに命を預け、自分の仕事を全うする。そして組織は、予定通りに目的を達成するのである。
ブックルックチームはほぼ文鎮型の組織形態となっているが、それでもラインごとにチームが存在する。大きな会社でいえば、部や課である。
ブックルックチームではこのような名で呼んではいないが、開発1部、開発2部、サポート部、インフラ部、WEBマーケティング部、コンサルティング部といった形である。それぞれの組織には2~7名程度のメンバーがおり、それぞれにリーダーがいる。

このリーダーたちがまさにリーダーシップを発揮し、自分のチームや会社を飛び越え、関係する別の部署に協力を要請したり、助けたりしているときは驚くほど物事がスムーズに進む。それぞれのリーダーは、1つの組織、ブックルックチームの勝利のために活躍しているのである。
反対に、リーダーの動きが悪くなると、とたんに仕事の流れも悪くなる。この場合、リーダーがやりがちな失敗は正論や会社の方向性を盾に動こうとしないことである。「こうあるべきだ」「こうやるべきだ」「会社としてこうした方がよい」「これはあちらの仕事だ」「会社の方針が・・・」と。しかしこれは筋道の話であり、経営者の仕事である。よこ糸のリーダーがたてに動き始めているのである。結果、たて糸だけになり、よこ糸がないため、織物は完成しない
リーダーが自分のチーム、開発1部とか開発2部とかサポート部とか、のためだけに仕事をしようとすると、ブックルックチームは必ず敗北へ向かう。
リーダーから「この仕事、誰がやったらいいですかね?情報が何もありません」と聞かれたら「お前がやれ、お前がやるしかない」と私は言う。

そして、「ブックルックチームは実行することに価値を置いている。あいまいな状況でもゴールに向かって動ける能力が求められているんだ。しっかり結果を出せば評価してきたし、これからもそれは変わりない。」と。

laravel5.2 自作Facadeを作る

laravelを使っていれば自然と使うことになるFacade.

FacadeとはもともとデザインパターンのFacadeパターンが有名ですけど、「シンプルな使い方を提供する」って感じの意味で名付けてるんでしょうね。

APIみたいなイメージでしょうか。

 

そんなFacadeですがもちろん作れます。作ってみましょう。

テストなので文字列を出力する単純な機能だけです。

TestEchoHelper クラスという名前にします。Heplerっていう名前は特別必要ないです。TestEchoDesuyo クラスとかでも大丈夫です。

 

手順が少し複雑なので、先に説明しましょう。

  1. 実装したい機能を持つクラスを作る(TestEchoHelper クラス)
  2. TestEchoHelperクラスのインスタンス化方法を決める
  3. サービスプロバイダの機能を使って、手順2で指定した「インスタンス化の方法」をサービスコンテナの機能に登録する
  4. 3で指定したサービスプロバイダを実際に起動するときに実行するように登録する。起動時とはlaravelの起動時(リクエストがあった時など)である (config/app.php)
  5. 実際に使う窓口となるTestEchoFacadeクラスを作る
  6. TestEchoFacadeクラスを呼び出すときの別名を決める (config/app.php)
  7. 実際に呼び出して使う

長いですね。。。一つ一つやっていきましょう。

 

1  クラスの作成

クラスを作ります。場所はどこでもいいです。

どこでもいいって言われると逆に困るかもしれませんが、どこでも大丈夫です。好きな場所にしましょう。

今回はapp/Helpersっていうディレクトリを作って、そこに作ります。

WS000197

 

これで完了!

 

2 インスタンス化方法を決める

今回は普通にnew しましょう。つまり、new TestEchoHelper() です。まずは単純に。

 

3 インスタンス化方法を登録

少し複雑になってきます。Illuminate\Support\ServiceProviderクラスを継承したクラスを準備します。

今回用意するAppServiceProviderクラスはデフォルトで用意されてるサービスプロバイダーです。App\Providers\AppServiceProvider にありますね。

デフォルトでregisterメソッドとbootメソッド、2つのメソッドが用意されています。

registerメソッド→bootメソッドの順で自動で動きます。すごいですねー。

 

その前に、そもそも「サービスコンテナとは何か」?というと、

「クラスのインスタンス化方法を定めるもの」

と思って大丈夫です。laravelではバインドする、って言います。

今回の例で言えば、「TestEchoHepler クラスは new されてインスタンス化されますよー」って知らせてるわけですね。

 

で、サービスプロバイダっていうのはそのサービスコンテナに対してインスタンス化方法を登録する場所、みたいなイメージです。

ちなみにサービスコンテナの実体は \Illuminate\Contracts\Foundation\Application クラスのことです。

ServiceProviderクラスを継承すると、サービスプロバイダの中でサービスコンテナ(Applicationクラスのインスタンス)をプロパティ名 app として使えます。

下の画像でいうと$this->app ですね。

WS000198

 

このサービスコンテナのbindメソッドで、TestEchoHelperメソッドのインスタンス化方法を登録します。

1つ前の手順で決めたように、そのまま new  TestEchoHelper() としています。

 

第1引数のTestEchoってなんだ?と思ったかもしれません。

これはサービスコンテナから「俺はTestEchoを使う!」って呼び出したときに、TestEchoHelperクラスのインスタンス化方法が実行されるようにしています。

つまり、インスタンス化方法の名前を決めてるわけですね。

今回は「’TestEcho’っていうインスタンス化方法で、TestEchoHelperクラスはインスタンス化される」という登録をしました。

「そんな長く文字書くのイヤだ」って方は$this->app->bind(‘Te’, function()…)って書いても大丈夫です。

 

これで「TestEchoHeplerクラスを呼び出す方法をサービスコンテナに登録する」準備が整いました。

まだ準備なんですね。。。

 

4 「インスタンス化方法をサービスコンテナに登録するサービスプロバイダ」をlaravel起動時に呼び出すようにする。

呼び出そうとしているのはサービスプロバイダです。「サービスコンテナにインスタンス化方法を登録する処理を書くクラス」です。

落ち着いて順番に追っていきましょう。

 

登録する場所は config/app.php ファイルです。laravelを入れたなら一回は見たことある場所じゃないでしょうか?

ここのproviders配列内にクラス名を登録します。今回のAppServiceProviderはもう登録されていますね。

WS000199

 

ここに登録することで、laravel起動時にAppServiceProviderクラスのregisterメソッドとbootメソッド(あれば)が実行されます。

laravel起動時ってリクエスト時だけじゃないの?って思うかもしれませんが、シェルなどの実行時も動きます。

 

5 ファサードクラスを作る

やっとFacadeが出てきました。このFacadeクラスもどこにおいても大丈夫です。今回はapp/Facadesディレクトリを作ってそこに置きます。

このFacadeクラスでは何を書くかといえば、getFacadeAccesorメソッドで「サービスコンテナに登録されたインスタンス化方法の名前を返す」

ことだけです。もっと書いてもいいんでしょうけど。

 

今回は手順3(覚えてますか?)で、サービスコンテナによるTestEchoHelperクラスのインスタンス化方法を「TestEcho」っていう名前にしたので、

TestEchoを返します。これだけ!

WS000201

 

6 別名を決める

やっとここまで来ました。これもconfig/app.phpです。

見覚えがあるんじゃないでしょうか?

 

実際に呼び出すことになるのはTestEchoFacadeクラスです。なんといっても窓口ですから。

でもTestEchoFacade::って少し長いですね?なのでTestEcho::で呼び出せるようにします。

WS000200

 

手順3で「インスタンス化の方法」にもTestEchoと名付けてここでも同じ名前ですが、同じ名前にする必要性はありません。

ただ、同じにした方がわかりやすい気もします。

 

7 実際に使う

やっと使えます!

まずはコントローラーから。コントローラは名前空間App\Http\Controllers 配下にあるので、絶対パスで指定しましょう。

WS000202

WS000203

 

やりました。↑は画像ですが白文字背景+黒文字だけなのでわかりにくくてすみません。

viewでも出してみましょう。

WS000204WS000207

WS000206

 

そうですね。

 

こんな感じでカスタムヘルパーみたいなのを作れます。

参考になれば。

laravel 5.1~ DB::rawでもDB::connectionが必要

みなさんlaravel使ってますか?

query builderがかなり高機能で面白いですね。

 

ただかなり単純なことで時間を食ったので同じことでハマった人がいた時のために。

結論はタイトル通りですが。

 

問題はSELECTで関数を使った時です。こんな感じ。

WS000195

 

これで実行しようとすると「Database mysql1 is not configured.」みたいなエラーが。。。

何を言ってるんだね?と思ったわけです。

仕方ないのでconfig/database.phpを確認。

WS000194

 

そもそもなんで使ってるDB設定が「mysql1」なの?$connectionに書いてるよね?

って思ってたら、DBファサードはデフォルトのDB接続設定使うんだと思い出したわけです。

そしたら、このdatabase.phpのdefaultに「mysql1」ってありますね。

 

「rawメソッドでもconnection設定しなきゃダメなんだ」と気づきました。

WS000196

 

これでOKです。

rawだと文字列操作関数みたいなイメージだから失念してました。

laravel 5.1~ phpstormでクエリービルダーのauto completeを効かせる

phpstorm使ってますか?

phpをメインに開発してるなら今すぐ導入しましょう。

有料で年10000円くらいですが、使いやすさを考えると安すぎるくらいです。

 

そんなphpstormでlaravelのプロジェクトを作るときにお手軽にコード補完をする方法。

お手軽なのでモデル(Eloquent)周りの、さらにquery builder周りだけです。

「composerとかide-helperとかこわい」って人向けです。

 

まずはTestという名前のEloquentを作ります。使用テーブルはtest_table.

そしてTestControllerから「SELECT column1 FROM test_table;」を実行するというコードを書く。

 

WS000174

 

 

 

 

WS000173

 

「そんなメソッドないよ」って言われてます。マジックメソッドですからね。

__callメソッドで指定しているものまでは補完してくれません。でも補完してほしいですね。

 

そんなときはModelクラスに直接PHPDocを追加です。

WS000177

WS000176

 

ちゃんと補完されるようになりました。

「Modelクラスには、\Illuminate\Database\Query\Builderクラスを戻り値として返すselectっていうstaticメソッドありますよ」

って教えてあげたからですね。

参考までにこのクラスを作り出してるのは下のModelクラス内の__callマジックメソッドです。

(正確には、今回はTestクラスのstaticメソッド呼び出し(Test::select)してるので

  1. __callStaticが呼ばれて、自分自身のインスタンスのselectメソッドを呼ぶ
  2. __callが呼ばれて、newQueryメソッドで\Illuminate\Database\Query\Builderインスタンスが生成され、\Illuminate\Database\Query\Builderクラスのselectメソッドが呼ばれる

)

WS000178

 

これで怖いものなしですね。

もしかしてjoinの中でも補完したいとお思いかもしれません。

WS000179

 

そんな時も大丈夫。この$joinは何かといえば、\Illuminate\Database\Query\JoinClause クラスです。

WS000181

 

なので、関数内に…

WS000182

 

やりました。

なんだか長いんだよなーって気になる方にはこちら。

use Illuminate\Database\Query\JoinClause;をコントローラに追加して…

WS000183

スッキリしました。

これまた参考ですが、\Illuminate\Database\Query\JoinClosure クラスを返しているのはこちら。

 

WS000180

 

\Illuminate\Database\Query\Builderクラスのjoinメソッド内で、最初のif文の中でnewされてますね。

これがcall_user_func($one, $join);の2つめの引数として渡され、function($join)の引数になるわけです。

 

これでお手軽にコード補完ができました。

悪いプログラムを書かないようにするには?

「良いプログラムとは?」と聞かれると結構千差万別ですが、悪いプログラムはえてして共通してます。

で、その悪いプログラムを書かないようにするには、「適切な名前を付ける」ことが簡単でおススメです。

深く考えていくと難しいのですが、コード上ですぐできるという意味では非常にお手軽で効果も高い。

お買い得なのです。

 

悪い例

WS000166

checkとはいったいなんなのか?

checkとは値を変えることも含む言葉なのか?

そもそも$dataとは何を投げればいいのか?

困りものです。

 

「この関数・クラスはそもそも何をやっているのか?」を明示しましょう。

 

改善1

WS000169

and多すぎ。

名前を明示すると「ちょっとこの関数でやりすぎじゃないか?」と感じますね。

現状を隠さずはっきりと見つめることで問題が浮かび上がってきます。掃除やダイエットと同じです。

 

さらに改善

WS000170

 

何が必要なのかわかってきましたね。実はclient_id以外はいらなかったのです。

さらに名前もコードも呼び出すときに必要あれば追加すれば良かったのです。チェックする人が勝手に直したら隠蔽です。

 

めでたしめでたし。

これで後からプロジェクトに参加する人も楽しく働けましたとさ。