お金と時間以外のコストを考える

「コストを引き下げて利益を増やす」…資本主義においては使い古され、これからも使われ続けるセンテンスであろう。
コストは単なる時間やお金の出費だけではない。コストを下げるにはどうしたらいいか、を考える前にコストとは何かを考える必要がありそうだ。

コストは発生する場所で大きく3つに分けられる。
自社で発生するコスト、取引先で発生するコスト、顧客で発生するコスト。
私の長期的目標は「地球社会に貢献する会社」の実現であるから、自社のコストさえ低ければいいとは考えない。直接的、間接的に関係する人などのコストを引き下げることも対象とする。

さて、コストといった場合、お金と時間以外にどんなものがあるだろうか。
低い信頼性、面倒くさいこと、理解しにくいこと、、、これらもコストである。

クラウゼヴィッツ『戦争論』では、不確実性の源泉を「摩擦」と呼んでいる。計画通りに物事が進まないのは、摩擦があるからだ。だから摩擦を減らすことでその確度を高める努力をする。参画者が計画を理解していることが成功の鍵だとすると、その計画がどんなに優れたものであっても理解しにくい、1つ1つのタスクが面倒で気乗りしないようなものであったとしたらどうであろう。恐らく、摩擦が多すぎて成功は困難であろう。
言い換えれば、成功をより確実なものとするためには摩擦を減らすことである。摩擦を減らすにはコストを減らす必要がある。

企業が外部のリソースを内部に取り込むのもこれで説明がつく。簡単な例では、エクセルを高度に使える人を社内に配置しておくことで、いつでも希望通りにグラフを作成することができる。しかし、そのような人がいない場合、外部に委託しなければならない。そうすると、その手配から始まり、委託業務内容の詳細を伝え、費用と時間の調整をしなければならない。摩擦だらけである。

一方、顧客で発生するコストとは、ユーザビリティの低い製品を使うこと、予約が必要でその手間がかかるサービスを利用する、信頼性の低い情報システムを使うことなどである。得られるベネフィットと比較してコストが大きい場合、言うまでもなく顧客はコストを嫌い離れていく。

このように考えると、コスト削減のアプローチが変わってこないだろうか。つまり、使うお金を減らすことではなく、利便性や信頼性の改善と捉えることができる。そしてそれは同時に付加価値を高め、売上げを増加させる。

インド 有名プログラミング書籍は有名か

昨年から今年の3月にかけて 『Let Us C』 (邦題 『インド式プログラミングバイブル C言語入門 (上)』 )というCプログラム言語の書籍の日本語訳をした。ヤシャバント・カネットカールというインド人が書いた本である。

インド式プログラミングバイブル C言語入門 (上)/Yashavant Kanetkar

51Ta4TSEHjL._SL160_

¥2,520
Amazon.co.jp

これは、インド ITエンジニアではCプログラミングのバイブルであり、100万冊以上が販売され、大学や専門学校の教科書に使われているという。さらに、就職試験の出題はこの本からだされることが多いという。

たしかに、わかりやすい内容になっている。多くのプログラミング書籍が省略する、プログラム上では当たり前の、しかしながら重要なことがきちんと書かれている。実際に、この本を翻訳するにあたって巷に出ているプログラムの書籍を研究したが、売れている本はその点がもれなく掲載されている。

また、一度プログラムを勉強した方で、配列やポインタなどがわからずに断念した経験があるのであれば、再度チャレンジしてみて欲しい。丁寧な説明がされているので理解できると思う。確かに、プログラミングをするにあたって、細かいルールがたくさんある。でも、この本はそのことに触れながらも、難しさを感じさせない。とりあえず、こういうルールがあるんだな、という程度で頭の片隅に置いておいても、進められるようになっている。

さて、最初に、この本はCプログラミングのバイブルだと書いたが本当だろうか。
それを確かめるべく、職場のインド人たちで確認してみた。まず、翻訳した本を片手に彼らの前を歩いてみた。するとすかさず興味を示してきた。「何でそんな(インドの)本を持っているのか」と聞かれ、日本語訳された本であることを伝えると、「おー日本語もあるのか」と驚いていた。別のインド人はパラパラとめくりながら「イッツ ベリー フェイマス(とても有名な本だからな)」と言った。
この本は誰でも知っているのかと聞くと「ほとんどの人が知っている」と、そして就職試験にもでるのかと尋ねたら「そうだ」と言っていた。

確かに有名であることは確認できた。
すごい本を翻訳したんだな、と改めて思った。

生きることが社会貢献

社会貢献とは、何か。募金活動ではない、物資の提供ではない、ボランティアでもない。
社会貢献は、する人とされる人がいるが、それは違う。社会に貢献していない人はいない。生あるものは皆、社会に貢献している。
つまり、日常の生活が社会貢献に連なっているのであるが、人の中ではそれだけでは不十分である。

そう考えると、社会貢献は自らの身を削って行うことである。
仕事、家事、研究、勉強、遊びなど、何でも一所懸命やれば、少なからず社会に貢献するだろう。
同時に身を削ることが、自らのパワーの源泉にならなければ継続できないし、楽しくない。

誰もが生きることで社会に貢献することになる。貢献が生きる意味を与える。その貢献を一定のレベルを超えたものにするには、やはり努力が必要である。