おもしろさを組織論で解説すると、

「のだめカンタービレ」めちゃくちゃおもしろい。毎回ワクワクしながら観ていますよ。 このドラマの面白さは組織論にある!社会に出れば多くの人が経験できることを象徴的な物語であらわしている。 見ている人をワクワクさせたり、感動させるのは、登場するオーケストラのチームワーク、そこにいる人達の関係ではないでしょうか。みな、それぞれ問題を起こしたり、問題を抱えながらも、生き生きと、楽しそうに、やる気を...

思考停止状態

久しぶりに記事を書きます。 近頃私は思考停止状態に近いです。 家庭、仕事、MBA。この3つを成り立たせるべく約3ヶ月間がんばってきました。ここにきて困難に直面しています。 仕事で組織が変更になり、大きく環境が変わりました。コミュニケーションに70%以上を費やしています。コミュニケーションは英語が多いため、私は他のことを考える余裕はほとんどありません。 ですので、自分の目標について限られ...

企業価値

PBR (株価純資産倍率)は何を示しているのだろうか。 東京証券取引所のページから引用すると、「price book-value ratioの略称。投資判断指標の1つ。株価を1株当たり株主資本(純資産)で除したもので、株価が1株当たり株主資本の何倍まで買われているのかを示すものです。」とある。 PBRが1以上の会社の場合、「株価×発行済み全株数」は、「総資産-負債総額」よりも多いことを...

今井・金子 『ネットワーク組織論』 岩波書店

今井賢一・金子郁容 『ネットワーク組織論』 岩波書店 約20年前に書かれた本だが、今でも十分通用する非常にいい内容だと薦められたので買って読んでみた。 「プレゼンは戦略をもって 」で紹介した、ジョー・ティッド/ジョン・ベサント/キース・パビット (後藤晃/鈴木潤 訳) 『イノベーションの経営学』 NTT出版とも通じる内容で興味深かった。 networkorg ネットワークとい...