サービスドミナントロジックとポスト資本主義(4/4)

資本主義とポスト資本主義をあえて比較するとすれば、

・競争 と 共創
・一方行 と 双方向
・占有 と 共有

といったことが言えそうである。
もちろん、企業間の競争を否定するものではない。自然界を見れば、古代からあるわけで、それがエコシステムであるのだから、これからもなくならないし、必要である。
重心の置き方が要であろう。

ここで1つ取り上げたいのが、「占有と共有」である。
資本主義では優れたビジネスモデルを持つ企業は、独占的に多くの顧客を囲い込み、莫大な利益を上げることができる。
ポスト資本主義を考えると、ここに大きなヒントがある。
もう少し言うと、ライバルと顧客や利益さえも共有することである。

具体的な事例は今後どんどん出てくるだろう。
サービスドミナントロジックにポスト資本主義の姿が見え隠れしているのは確かなようだ。

(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です