ウォークマンの健闘よりもジョブズ不在が要因か

携帯音楽機器の販売シェアで、ソニーのウォークマンがiPodを抜いたという。
ウォークマンが43%、iPodが42.1%。
ウォークマンがiPodを逆転 携帯音楽機器の販売シェア

確かな数字は知らなかったが、「落ち目のソニーと飛ぶ鳥も落とす勢いのアップル」というイメージで、ウォークマンのシェアがiPodのそれを超えるとは想像もしていなかっただけに驚いた!
2005年11月、アップルが初代iPod nanoを発売した直後に60%のシェアを獲得。
一方のウォークマンは10%程度だった。

2009年1月時点では2割以上の開きがあったというから、急進したのだろう。
ちょうどスティーブ・ジョブズ氏が療養休暇に入った時期からだ。

ソニーのシェア奪還の要因は、製品ラインナップを拡充したためと記事には書かれているが、
スティーブ・ジョブズ氏の不在が最も影響を与えたのではないだろうか。記事中にもそれが伺える。
やはりジョブズ氏なしのアップルは存在し得ないということだろうか。

創業者であるスティーブ・ジョブズ氏は、85年に自ら招聘したジョン・スカリー氏によって会長職以外の権限を剥奪された。その後、ジョブズ氏はNeXTやピクサーといった会社の立ち上げに関わる一方、アップルへの復帰をアプローチし、とうとう97年にNeXTがアップルに買収されるのに伴いアップルに復帰。00年にはCEOに就任した。
そして、iMacを開発し、低迷していたアップルを復活させている。
(http://it.nikkei.co.jp/business/column/katsuma_market.aspx?n=MMIT2n000001122008 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です