人生の無駄遣いを辞めたわけ

独立して一番変ったこと。
時間とお金と人に対する考え方。
サラリーマンの時は「いかに時間を消費するか」がテーマであった。
顧客のために働くといっても、どうしても、時間は消費の対象であった。
結局、サラリーマンは自らの時間を売って収入を得ているのである。
つまり、時間を消費して給料をもらう。
独立してこれが180度変わった。
独立すると当然、働かなければ収入はない。だが、私なりには「働く」というよりも「動く」が適している。
とにかく「動かなければ収入がない」という感覚である。
人(にんべん)が取れたのである。

サラリーマンの時には、私の行動すべてに人が添えられ「働く」になっていた。
だが、独立して「働く」から付添い人がいなくなり「動く」になったのである。
サラリーマン時代は付添い人がいるから、たとえ自分の稼ぎがなくとも組織が解決してくれる。給料が支払われないということはない。
しかし、独立すると付添い人がいない。稼ぎがないと自分の収入がないばかりか、従業員に払う給料さえない。
だからとにかく動く、効果的に動くために考えに考える。これが自立なのであろう。

そして、動いたら動いた分だけ収入につながるのも事実である。確実に収入になることを考え行動しているから、当然といえば当然である。

時間を消費してお金をもらうのではなく、行動することでお金になるのである。
動けば動いただけ、もっと言えば、人の役に立てれば、その分、見返りとしてお金になるのである。
だから、無駄に時間を過ごすことは機会損失につながる。
いかに、この無駄な時間を減らし、時間を有効活用するかがそのまま収入の増大になる。
そう考えると、時間を消費するという観念は持ちようがない。
もう、収入を増やす方法を考える必要はない。なぜならば、時間は誰にも公平に与えられている。既に目の前にお金に変換可能な時間があるのだから。
そして、時間をお金に変換するには自分が世の中の役に立てればお金になるのであるから。
目の前を高価な錦鯉がウヨウヨ泳いでいる状態である。
また、人の見方が変わった。
サラリーマン時代は与えられた職務の枠の中でしか人を判断しなかった。あとはプライベートで会っても楽しいかどうか、くらい。与えられた職務と関係のない仕事をしている人とは、話しても広がりを持たせられなかった。
また、先ほどの時間に対する考えから、時間の浪費を嫌って、やたらと人とは会おうとは思わなかった。

独立したら、会う人と会う人皆、どうやって活用できるかを考えるようになった。
また、ある能力やスキルを持っている人と会ったら、どうやったらこの才能をうまくお金に変換できるだろうか。
というようなことを考えるようになった。
採用面接も、真剣に、その人が持つ能力を見つけ出し、能力の使い方を考える。
誰しも皆、能力を持っている。だから、そのときのためにその人を大切にして関係を保っていこうと考える。

先日、営業の電話がきっかけである会社に勤めている人と個人的に会う機会があった。ついつい、その人の能力の見極めに走ってしまい、その能力に対して、「こういうニーズがあるから、こうすれば副収入は得られるよ」という話しをした。

経営の資源は、ヒト、モノ、カネ、そして情報である。知識を売り物にしている当社は特にヒトが重要である。
だから時間をポジティブに使い、持てる能力を存分に発揮することで、社会に貢献するよう毎日話している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です