調布駅前は絶賛再開発中!今年中に大規模商業施設が3棟オープン予定

駅前の大規模再開発といえば、最近注目を集めたのが川崎市の「武蔵小杉駅」ですが、調布駅もまさに今、大規模な再開発が進んでいます。

駅舎をすべて地下化し、上空にできたスペースに駅前広場やロータリーが新たに整備されるほか、商業施設の建設が進んでおり、2017年中に開業する予定になっています。

まず、地上5階建てのA館は、ファッション・雑貨・レストランなど多彩な専門店が集う商業施設を目指し、現在計画が進められています。

 

またB館には、家電量販店「ビックカメラ調布駅前店」が秋ごろに開業予定。

 

そして、地下1階・地上5階建てのC館は、シネコンの「イオンシネマ」が開設されることが決定!11スクリーン、約2100席という多摩地区最大規模のシネコンになる予定です。これら3棟の売場面積は約11900平方メートルにもなるそうですよ!

 

さらに、駅前からは少し離れますが、2020年の東京オリンピックの競技会場が調布市にになっており、郊外で開発が進んでいます。

FC東京のホームである「味の素スタジアム」のとなりに「武蔵野の森総合スポーツ施設」がまもなく開業予定。約4800平方メートルのメインアリーナのほか、サブアリーナ、プール、トレーニングルームなどを備えた、多摩地区最大規模を誇る体育施設です。オリンピック終了後は、スポーツイベントだけでなくコンサート会場としても活用されるようで、年間数百万人の集客が見込まれています。

もともと都心へのアクセスは、武蔵小杉駅と同じくらい便利な調布駅。オリンピックに向けて、ますます開発が進み、人気を集めそうですね。

どのスポーツジムでも月1万円補助します!当社のスポーツクラブ補助制度

当社では、勤続半年以上の社員に対して、スポーツクラブの会費を月1万円まで補助する制度があります。会社指定のスポーツクラブではなく、どこでも自分の行きやすいところでOKです。

実はこの制度、とある社員のために始めた福利厚生なんです。数年前、ブックルックチームに合流したAさん。当時Aさんは、入社には消極的だったようですが、いざ働き出すと、本来の能力を発揮してとても優秀な仕事ぶり。多少の無理を押してでも仕事を進めるその責任感の強さに、心配した小山内社長が「ジムにでも通って体を動かして、心身ともにリフレッシュしてほしい」と考え、月1万円までの補助金制度が始まったというわけです。

ということで、いまではこの制度を利用してリフレッシュしている社員もおり、心身の健康に大いに役立っているようですが、Aさんはと言えば、体を動かすのがあまり好きではなかったようで、結局ジムに通うことはなかったようです。

しかしAさんは心身ともに健康をキープし、順調にキャリアアップ、いまでは社内でも重要な役割を担うマネージャーとして大活躍しています。

残業は非推奨。残業し過ぎると評価が下がります

ブックルックチームは受託開発が中心の会社で、社員のほとんどがエンジニアです。このようなビジネスモデルだと、クライアントの要望に応えるのに精いっぱいで、常に押し気味の開発進行で毎日長時間の残業、というイメージが浮かぶかもしれませんが、当社は違います。

技術力を背景に、付加価値の高い案件を受託し、精度の高い開発進行をしていますので、残業時間は平均で月30時間未満です。1か月は約20営業日なので、残業30時間であれば、毎日1時間ちょっとの残業ということになります。

残業代は、みなしで40時間付いていますので、残業は減らせば減らすほど良い、ということになります。

会社としてもそのような働き方を推奨しています。できるだけ残業はしないで、忙しい時期でも40時間以内に収める努力が求められます。効率よく働くよう努力したにも関わらず40時間を超えてしまった、というなら仕方がありません。が、流されるままに長時間労働した場合は、良い評価は得られません。

40時間を超えてしまった場合、もちろん残業代は付きます。それよりは長時間労働せず、効率的に働く工夫を続け、基本給を上げる働きを推奨しています。

長時間労働は、生産性を落とし、クリエイティブな発想の機会を減らします。さっさと仕事し、プライベートな時間も大事にすることがよい仕事につながると考えます。

調布の会社ならではのアクセスの良さを知っていますか?

新宿、渋谷からアクセス良好

京王線の調布駅から徒歩3分にある我が社ですが、「調布」にあまりなじみのない方もいるかもしれません。でも、調布の交通アクセスは意外に便利なんですよ。

例えば新宿駅からのアクセスなら、京王線の新宿駅から八王子方面行きの特急に乗って、わずか2駅、15分です。準特急でも4駅、18分。京王線は特急料金はありませんので、通常運賃で特急に乗れます。特急・準特急の本数は、朝の8時台なら11本。これなら待ち時間のストレスはないですね。

渋谷駅からのアクセスなら、京王井の頭線の渋谷駅から吉祥寺方面行きの急行に乗って6分、2駅目の明大前駅で京王線に乗り換えます。明大前はコンパクトな駅なので乗り換えもらくらく。明大前からは京王線の特急に乗って1駅8分。準特急なら2駅10分。乗り換え時間を含めても20分あれば到着しますね。

通勤ラッシュとは無縁でストレスなし

そして、新宿や調布からの通勤はいずれも下り路線になりますので、ギュウギュウ詰めの通勤ラッシュとは無縁。ゆったり通勤できます。

調布駅に到着したら、東口を出てオフィスまで徒歩3分。フラットで信号もないので、あっという間に到着します。駅前のエリアなので飲食店やコンビニも充実。とても便利なエリアです。

調布で働くとこんなメリットもありますよ、というご紹介でした。

大規模な再開発中の調布駅前の様子。以前からあるPARCOに加えて、3つの商業施設がオープン予定です。

節分の日、調布オフィスで豆まきしました

2017年2月3日-今日は節分の日。
鬼を追い出し、福を呼び込もうと、願いを込めて豆まきをしました。

撒く豆はオフィスを汚し過ぎないもので、かつ拾って食べられることを考えた結果、殻つきの落花生にしました。
豆だけじゃお腹は満たされないから、恵方巻きとスナック類も準備。

節分の豆まきをするために、落花生、恵方巻、スナック、お茶を準備しました。

さあ、豆まきを始めます!
「鬼はー外ー!!」

「鬼は・・・」と言って豆を投げようとしているところ。

豆まきを始めると言っているのにまだ仕事をしている人にも「仕事の鬼はー、外ー!」(今日だけ)。

「(鬼はー)外ー」と声を上げて豆を投げた瞬間

「福はー、内ー!」
ストレスを発散させるように思いっきりオフィス中に豆を撒きます。
今期最後の四半期を無難に乗り切り、次の期に業績をつなぎたいです。

「福は内ー」と言いながら豆を投げた瞬間

本棚にもそっと豆を撒きました。

本棚にも豆を

さぁ、豆まきはこれでおしまい。
みんなで拾おう。

「投げた、投げた」そのあとは「さぁ、拾うぞー」

結構あちこちに豆がありましたが、ワイワイと豆拾いも楽しいものです。

豆を思いっきり投げた分、拾うのもそれなりに大変。。。

思いっきり撒いた分、拾うのも結構大変かと思いましたが、みんなでやればあっという間にきれいになりました。
豆まきの後は談笑しながら恵方巻きをモグモグ。
信心深い人たちは北北西を向いて無言で一気にモグモグ。

豆まきが終えたら恵方巻の時間。恵方巻は一気に無言で食べなければならないと言われていますが、おしゃべりしてしまいました。

節目の日を迎え、心新たに今年一年頑張っていきたいと思います。

システム開発はチームワークが大事

今日は定例のマンスリー ミーティングがありました。ミーティングでは、全ブックルックチームメンバーが集まり、近況を共有します。

やはり、システム開発はチームワークが決め手です。特にブックルックチームが採用しているアジャイル開発では、チームワークの善し悪しが、結果に大きく影響します。
アジャイル型のシステム開発は、ウォーターフォールのシステム開発と比べれば穴だらけ。書かなくても分かるだろうということで省かれているところが多く、ドキュメントが少ないのです。
だから、わからないことは他のメンバーに聞かなければなりません。また、聞かれたらうまく説明し、場合によってはガイドしてあげなくてはなりません。

ちょっと照れながらも写真撮影に応じてもらいました。

やはり、助け合ってシステム開発をやり遂げた時の充実感は相当なものがあるでしょう。
今月も大型案件のローンチが控えています。戦いの前の束の間の時間を楽しみました。

恥ずかしいので顔を隠してパシャ!

さて、そのミーティングの後、毎回ピザパーティーを実施しています。
「もうそろそろ、ピザじゃないものがいいんじゃないか」と言われながらも、ピザで押し通しています。
なぜなら、ピザを前にして断る人は誰もいないからです。それどころか、ついつい手を伸ばして食べてしまっています。
ビールで食欲が刺激されたこともあるかもしれませんが、みんな結構ピザが大好きです。

マンスリー ミーティングの後のピザパーティー。ビールもグビグビッ!